土地売却をする時の不動産会社の選び方は?土地売却をしたい時の不動産会社の選び方の基準とは?

自身が持っている土地を売却しようと考えた時、一番の悩みは不動産会社の選び方ですよね。特に、大手の不動産会社か、地元密着の中小不動産会社かで悩んでしまう人は多いです。

大手の不動産会社と地元密着の中小不動産会社、選ぶ際のそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

大手の不動産会社の特徴は?

大手の不動産会社の一番のメリットは、「情報量が多い」という事です。全国に店舗を持っているのでそれだけ情報も豊富ですし、物件の情報も全国に広く流して土地を買いたいという人を探すことが出来ます。

また、「安全性」という面も大手業者は安心できます。突然会社が潰れる事はないので、安心して土地の売却の仲介を頼むことが出来ます。

逆にデメリットとしては、その地域の事をよく理解していないという点があります。地域にはそれぞれの特色があり、大手の不動産会社はそれを理解していないことが多いです。

地元密着の中小不動産会社の特徴は?

地元密着の不動産会社のメリットは、「土地がある地元の事をよく知り尽くしている」という事です。全国的な情報量という面では大手の不動産会社には劣りますが、地元の情報量という点では大手を圧倒します。

地元の人との繋がりも強いので、「地元でその土地を欲しがっている人」を探してくれることも多いです。逆にデメリットは、物件の情報を流す広告量は大手よりも劣るという事です。

あくまで限定的な広告量になるので、土地の購入を考えている人の目にとまる事も大手よりは少なくなります。

大手と地元密着の中小、どちらの不動産会社がいい?

大手と中小の不動産会社の選び方として、一番いいのは査定額を比較するという事です。実は不動産会社は物件によって得意なものと苦手なものがあり、査定額を見ればそれを見極めることが出来ます。

当然、高い査定額を提示してくれる不動産会社の方がその物件をよく理解しているという事なので、高い査定額を提示した不動産会社を選びましょう。

また、不動産会社の担当者と話してみるのもおすすめです。直接話すと、担当者が親身になってくれているか、土地の情報に詳しいか、信用できる不動産会社なのかがわかります。

特に土地の売却を初めてする人にとっては、担当者が頼りになるかどうかは非常に重要です。必ず、直接担当者と会って、信用できるか自分の目で見極めましょう。

大手と中小の不動産会社は、それぞれメリット・デメリットがあります。自分が不動産会社に求めている物をよく考えてから、不動産会社を選ぶのをおすすめします。

土地売却をする際は、たいていの場合、仲介手数料+印紙代+税金で求められる手数料がかかるが、交渉次第で仲介手数料は減額できる。

関連記事

  1. 土地売却時に注意したい詐欺の手口はありますか?土地売却時に見られ…

    土地売却時に詐欺の手口に引っ掛かりたくないと誰しも思うものです。しかし巧妙な詐欺の手口があり、知らな…

  2. 土地売却をしたい場合詐欺に遭わないためにはどのようなことに気を付…

    土地を売却する業者は適切に選ぶ必要があります。土地を売却したいと思う人は多いですが、その際にはほとん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

土地売却 Q&A

PAGE TOP