土地売却をするときにかかる税金には、必ずかかる印紙税と、利益が発生した場合のみかかる、所得税と住民税がある。

保有している土地を売却しようと思うけど、その際税金がかかるのかどうか分からない方もいるでしょう。そこで、今回は、土地売却時に発生する税金について詳しく説明したいと思うので、参考にして下さい。

売却時に必ず発生する税金について

土地を売却するときにかかる税金には複数の種類がありますが、そのうちのひとつである印紙税は、土地を売却する際に必ず支払わなければならない税金です。

印紙税は、土地売却に関する課税文書に対して課せられる税金なのですが、その額は文書に記載された金額に応じて変動します。

1万円未満なら印紙税は非課税となりますが、5000万円超1億円以下であれば印紙税は3万円となります。いずれにせよ、印紙税はほかにかかる税金と比べれば、さほど大きな額にはならないので、あまり気にする必要はありません。

ただし、印紙税を無視すると、罰則によりその3倍の金額を支払わなければならなくなるので、しっかりと支払いましょう。

売却時に利益が出た場合にかかる税金について

土地売却の際、土地の売却価格が、土地の取得価格+譲渡費用を上回ると、利益が生まれます。その利益は、譲渡所得というのですが、この譲渡所得には税金がかかります。

かかる税金は、所得税と住民税で、土地の保有期間によってその税率は変化します。所有年数が5年以下の場合、所得税と住民税はそれぞれ、30%と9%です。

一方所有年数が5年を超える場合、所得税と住民税はそれぞれ、15%と5%です。このように、土地を長期にわたり保有していた場合の方が税金は安くなるのです。

また、相続した土地を売却する場合は、保有年数は相続した時を基準に計算するのではなく、相続主が土地を取得した時を基準に計算するので注意しましょう。

土地売却で損失が発生した際は、これらの税金を支払う必要はありません。このように、土地売却の際にかかる税金には、必ずかかる印紙税と、利益が発生した場合にかかる、所得税と住民税があります。

土地の売却と次の自宅のマンション購入はどちらが先がいいの?土地の売却と次の自宅のマンション購入、それぞれのメリット・デメリットとは?

土地売却の時の費用にはどんなものがあり、どのくらいかかるのでしょうか?土地売却の費用はそれぞれのケースでの項目の洗い出しが重要

関連記事

  1. 土地売却の仲介手数料ってどの位かかりますか?土地売却の仲介手数料…

    土地売却するときは不動産会社に依頼するのが一般的となっています。不動産会社は買主を探して売主との仲介…

  2. 土地売却をする際は、たいていの場合、仲介手数料+印紙代+税金で求…

    土地は、売却してしまえば多額の資金を得ることができる資産です。しかし、土地に限らず金融資産などにも当…

  3. 土地を売却するとき、固定資産税を負担するのは買主と売主のどちらで…

    不動産の固定資産税の納税義務者は、毎年1月1日時点の登記簿に登記されている所有者ですが、年の途中で売…

  4. 土地売却の時の費用にはどんなものがあり、どのくらいかかるのでしょ…

    土地を売却する時の費用は基本的には次の1.から3.がかかってきます。4.ではその他にかかってくる場合…

土地売却 Q&A

PAGE TOP