土地の売却と次の自宅のマンション購入はどちらが先がいいの?土地の売却と次の自宅のマンション購入、それぞれのメリット・デメリットとは?

不動産を売却と購入するタイミング、どちらが先がいいのかは、不動産を持っている人なら誰もが感じる悩みです。先に土地を売却するか、それとも先に次の自宅であるマンションを購入するかは、それぞれメリット・デメリットが存在します。

先に土地を売却するメリット・デメリットとは?

先に土地を売却する一番大きなメリットは、マンション購入の資金が明確になる事です。土地を売却した際に得られる資金が明確になるので、次の自宅探しをする際に無理しない範囲での購入が出来ます。

また、売却の期間が決まっていないので、焦る事無く土地の売却が出来ます。先にマンションを購入してしまい、早く売る事を優先した結果、通常よりも安く土地を売ってしまうという事を防げます。

逆にデメリットは先に土地を売ってしまうので、次の自宅が見つかるまでは仮住まいの家が必要になってしまう事です。

先にマンションを購入するメリット・デメリットとは?

先に次の自宅であるマンションを購入する一番大きなメリットは、「住むところが決まっている」という安心感が得られる事です。

次の自宅が決まっているので、安心して土地の売却に集中することが出来ます。逆にデメリットは、急いで土地を売却しなければいけないという事です。

購入の資金を確保するために短期間で土地を売却しなければいけないので、金額については多少安くても妥協しなくてはいけなくなる時もあります。

購入と売却を同時進行するメリット・デメリットとは?

土地の売却と購入を同時進行するというやり方もあります。土地の売却と購入を同時進行する一番のメリットは、「短時間で購入・売却が出来る」という事です。

しっかりと金額を見極めて土地の売却と購入を行うと、結構な期間がかかります。同時進行するとそれだけ時間短縮になるので、時間的なロスも減ります。

逆にデメリットは、手間も2倍になる事です。土地の売却と購入の手続き等を一緒に行わなければいけないので、それだけ大変になります。

土地の売却と次の自宅であるマンションの購入。どちらが先がいいかは、人それぞれの事情によって変わってきます。自分の事情と照らし合わせてからどちらを先に行うのかを決めると、スムーズに売却と購入が出来るのでおすすめです。

土地を売却するとき、固定資産税を負担するのは買主と売主のどちらでしょうか?土地売却時の固定資産税は契約上の定めとして期間按分して決めることだった.txt

土地売却をするときにかかる税金には、必ずかかる印紙税と、利益が発生した場合のみかかる、所得税と住民税がある。

関連記事

  1. 土地売却の無料査定サイトはどんな流れになりますか?土地売却に便利…

    土地売却したいときに便利なのが無料査定サイトです。インターネットで24時間自宅に居ながら利用すること…

土地売却 Q&A

PAGE TOP