土地売却時に注意したい詐欺の手口はありますか?土地売却時に見られる詐欺の手口はどんなものがあるか

土地売却時に詐欺の手口に引っ掛かりたくないと誰しも思うものです。しかし巧妙な詐欺の手口があり、知らないと引っ掛かってしまうことがありました。

詐欺に引っ掛からないためにはどんな手口があるのか事前に知っておくのが一番です。

所有権の移転に注意

土地売却するときには不動産会社に仲介を依頼することが多くなっています。不動産会社が買主を探し、見つかり次第売主と不動産売買契約を結びます。

このときの不動産売買契約書には、売却代金の支払いと同時に売主から買主へ所有権が移転すると言う内容が書いてあるはずです。

もし書いてない場合は不動産売買契約の成立と同時に所有権の移転が行われます。悪質な不動産会社では所有権変更を行わずに勝手に転売すると言う手口を用いることがあります。

売却代金が手元に入らない上に土地まで失ってしまいます。不動産会社と連絡を取ろうと思っても取れないために注意が必要です。

所有権の移転は印鑑証明書があればできてしまいます。少しでも不安だなと感じたら印鑑証明書は渡さないほうが良いでしょう。

通常通り、売却代金の支払いと同時に所有権の移転が行われれば、この手口を用いることはできません。もし売却代金の支払い前に所有権の移転が必要と言われたら、他の不動産会社では同時と言われたのになぜタイミングが違うのですかと聞いてみて下さい。

答えが曖昧だったときはその不動産会社は避けたほうが賢明です。

小切手による支払に注意

売却代金の支払方法には現金の他にも小切手があります。悪質な不動産会社では使用できない小切手を渡すと言う手口を用いることがあります。

一般の方の殆どで小切手を見たことが無いため、使用できない小切手を渡されても本物と区別が付かないことが多いです。小切手の不渡りには0号不渡り、1号不渡り、2号不渡りと3種類あります。

このうち詐欺や偽造などによる不渡りは2号不渡りに該当します。この手口に引っ掛からないようにするには現金での支払にして貰うのが一番です。

詐欺を行う不動産会社は少ない

殆どの不動産会社で真っ当な業務を行っており、詐欺を行う不動産会社はごく一部です。
全面的に信頼し過ぎると万が一のことが考えられるものの、疑い過ぎるのも信頼を失うために注意が必要です。

土地売却の仲介手数料ってどの位かかりますか?土地売却の仲介手数料は簡単に計算できる

土地を売却するとき、固定資産税を負担するのは買主と売主のどちらでしょうか?土地売却時の固定資産税は契約上の定めとして期間按分して決めることだった.txt

関連記事

  1. 土地売却をする時の不動産会社の選び方は?土地売却をしたい時の不動…

    自身が持っている土地を売却しようと考えた時、一番の悩みは不動産会社の選び方ですよね。特に、大手の不動…

  2. 土地売却をしたい場合詐欺に遭わないためにはどのようなことに気を付…

    土地を売却する業者は適切に選ぶ必要があります。土地を売却したいと思う人は多いですが、その際にはほとん…

土地売却 Q&A

PAGE TOP