土地売却をする際は、たいていの場合、仲介手数料+印紙代+税金で求められる手数料がかかるが、交渉次第で仲介手数料は減額できる。

土地は、売却してしまえば多額の資金を得ることができる資産です。しかし、土地に限らず金融資産などにも当てはまることですが、そうした資産を売却するときには必ず手数料を払わなければなりません。

土地売却の際は、いくつかの項目から成る手数料の支払いが必要なのですが、それがどの程度のものなのか分からない方もいると思います。

そこで、今回は、土地売却をする際にかかる手数料について説明するので、参考にして下さい。

仲介手数料がメイン

土地売却の際に発生する手数料は、多くの場合、仲介手数料+印紙代+税金(売却により利益が発生した時のみ)という項目により構成されています。

この中で、圧倒的に額が大きくなるのが仲介手数料です。ですから、ここではその仲介手数料について見ていくことにします。

仲介手数料とは、土地の売り手と買い手を仲介してくれた不動産仲介業者に支払う手数料です。不動産仲介業者は、売り手と買い手をマッチングするだけでなく、交渉に必要な条件をチェックしたり書類を準備したりするなど、様々な点で仲介の手助けをしてくれるので、それに見合った仲介手数料が発生するのです。

仲介手数料は、売却価格が400万円を超えた場合、「売買価格」×3%+6万円+消費税8%という式に基づいて計算されます。例えば、売却価格が3000万円の場合、仲介手数料を計算すると、103万6800円となります。

この値に、印紙代と税金を足した額が最終的な手数料になるのです。手数料は結構かかってしまうのです。

仲介手数料は値下げの可能性あり

こう見ると、仲介手数料は結構かかると感じる方が多いかもしれませんが、値下げ交渉をすることで仲介手数料を安くしてもらうことができる可能性があります。

というのも、先ほどお伝えした仲介手数料は、あくまで上限であるため、それより低くなることは禁止されていないのです。したがって、業者との交渉次第では仲介手数料を安くしてもらうことが可能になるのです。

特に、売却相手が親戚などで合った場合、値下げに応じてくれる業者も少なくないようです。ここまでお伝えしたように、土地売却の際にかかる手数料は、主に仲介手数料であり、決められた計算方法によって算出されるのですが、交渉次第で減額の可能性もあります。

土地売却をする時の不動産会社の選び方は?土地売却をしたい時の不動産会社の選び方の基準とは?

土地売却をしたい場合詐欺に遭わないためにはどのようなことに気を付けるべきでしょうか。

関連記事

  1. 土地売却をするときにかかる税金には、必ずかかる印紙税と、利益が発…

    保有している土地を売却しようと思うけど、その際税金がかかるのかどうか分からない方もいるでしょう。そこ…

  2. 土地売却の時の費用にはどんなものがあり、どのくらいかかるのでしょ…

    土地を売却する時の費用は基本的には次の1.から3.がかかってきます。4.ではその他にかかってくる場合…

  3. 土地を売却するとき、固定資産税を負担するのは買主と売主のどちらで…

    不動産の固定資産税の納税義務者は、毎年1月1日時点の登記簿に登記されている所有者ですが、年の途中で売…

  4. 土地売却の仲介手数料ってどの位かかりますか?土地売却の仲介手数料…

    土地売却するときは不動産会社に依頼するのが一般的となっています。不動産会社は買主を探して売主との仲介…

土地売却 Q&A

PAGE TOP